TONO -IWATE-

Posted on Posted in 未分類2,691 views

ざっくり言うと

民話のふるさと「遠野」の中でも数多くのエピソードが残る土淵地区に建つ、築70年以上の古民家 快適な個室で過ごすことができます。

遠野盆地の肥沃な土壌で作った野菜。 このおいしさを味わうにはまず自分自身の手をかける事。冬の終わりには種蒔き、春には田植え、それが終われば数々の野菜の収穫が始まり、秋には稲刈り、遠野の地方での農家の一年を満喫できます。

遠野の土地で自分の手で収穫し料理し、そして食べる。この大事な自給自足における3つの事を、体でも頭でも心で体感できます。

 

この場所について

民話のふるさと遠野の中でも数多くの物語が残る土淵に建つ、築70年以上の古民家。和洋折衷が主流の現代では味わえない純和風の空間です。また内装の一部は宿開業に伴い自分たちの手で修復しています。
春から秋にかけての期間は畑に出ての農業体験も楽しめます。もちろん自分の手で収穫した野菜をその晩の食材にも。
またお食事には自分の農場でとれた野菜やお米を使っているので安心して味わえます。

 

 

おすすめのすごし方

ここで体験できること

■遠野の世界感を満喫
冷えた冬の1日。何もせず薪ストーブで思いに耽る。
春は野山が一斉に芽吹き、5月には一面の田んぼに水が張り、夜は幻想的な蛙の鳴き声が聞こえる。
夏は清流で水と戯れる。
秋は黄金色に染まる里山の恵みを味わう

 

付近の観光スポット

■オーガニックな過ごし方
お食事に提供する野菜、米などはできる限り自分の農園で作った物を使用するようにしています。
提供用の野菜は原則農薬を使わずに育てています。多少虫食いがあっても、それは農薬が使われていない証拠。実際に農家がどんな野菜を食べているか、体に良い食材とはなんなのか。考えてみる良い機会になればと思います。

遠野といえば河童。河童渕
遠野の伝統文化;千葉家の曲がり家、とおの物語の館、遠野ふるさと村


モデルプラン
  • ホップ畑で青空ランチ
  • 家の庭でジンギスカンとビール
  • 田んぼサイクリング
  • 森の木陰で読書
  • 清流での釣り体験
  • 田植え、稲刈り、野菜収穫
  • オーガニック野菜を使った料理
  • 家裏の丘に登って、満点の星空を眺める
  • 星の輝きと蛙の合唱を聞く
[`yahoo` not found]
Pocket
LINEで送る